過払い金とは?

過払い金とは、簡単に説明すると債務者が各貸金業者に支払いすぎたお金のことです。消費者金融などの金融機関からお金を借りる際の利率は出資法利息制限法という二つの法律によって定められています。出資法の上限利率は29.2%、それに対して利息制限法では下記の表の通りに定められております。

利息制限法の年率

この二つの法律の上限利率に大きな開きがあるため、債務者が利息制限法を大きく越える利率で借入れをしている場合、利息制限法をもとに引直し計算の結果、本来払う必要のないお金、過払い金が発生する可能性があるのです。これは返済を続けている期間が長ければ長いほど過払い金が発生している可能性が高く6年以上では高確率で過払い金が発生しています。

出資法と利息制限法の矛盾

もう少し詳しく説明すると、この出資法の上限利率は29.2%と定められています。実は、法律の矛盾点ではあるのですが利息制限法の上限利率を超えた金利で貸付けを行なっても罰せられることはなく、出資法の上限利率を超えた貸付けを行なった場合のみ刑罰の対象となるのです。

この金利の差をグレーゾーン金利といい多くの消費者金融はこのグレーゾーン金利で貸付けを行なってきました。現在では法律が改正されグレーゾーン金利は撤廃されています。



過払い金を取り戻す為には?

個人で貸金業者にこの返還を求めても、なかなか取引記録の開示をしてくれなかったり、例えしてくれたとしても交渉に応じない場合がほとんどなのが現状です。そのため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼し過払い金返還請求を行なってもらうのが一般的です。

既に、借金を完済していても過払い金の時効は完済時から10年となっていますので、まだ完済から10年たっていないという方は取り戻すことが可能です。

現在、返済中の方に関しても5年以上返済を継続されている方でしたら過払い金が発生している可能性があり、また例え発生していなくてもその後の利息はかからなくなり、今まで過剰に支払っている金利分を債務から差し引かれるので計画的な返済が可能になります。



過払い金返還請求のまとめ

現在返済中の方は過払い金が発生しない場合でも、今までの利息過剰支払い分を債務から差し引き圧縮することが出来る

現在返済中の方は過払い金が発生しない場合でも依頼後は今後の利息がカットされ計画的な返済を行なうことが出来る

完済後でも完済後10年を経過していなければ過払い金返還請求が出来る



コチラでは実際、当サイトから債務整理をご依頼された方々からお寄せいただいた債務整理体験談をいくつかご紹介しております。債務整理前の不安な心境はどなたも抱えてる悩みですのご参考下さい。

体験談

実際に、どのような債務整理を行なうのか、費用は?不安はつきません。借金問題早期解決への近道を弁護士の方にご説明いただきました。一人一人置かれている環境によって選ぶべき方法が異なります。

弁護士インタビュー
自動登録広告