任意整理とは?

債務総額を圧縮し、3〜5年間で完済するというのが任意整理です。裁判所などの公的機関を使うことなく、弁護士、司法書士などの専門家に依頼し債権者と交渉してもらい、借金減額や利息の一部カット・返済方法などを決め、和解を求める手続きです。

任意整理は、債務者当人で債権者にかけあっても相手にされないことが多く、話は聞いてくれても結局債権者の都合で話が進む場合が多いようです。このようなことを踏まえると任意整理は事実上、債務者個人で行うことは困難であり弁護士などの専門家への依頼が必要でしょう。



任意整理後の返済期間

任意整理を選択する場合、通常約3年間(債務状況・収入状況により5年間)での完済が可能であるとの見込みが無くては、任意整理を選択することは難しいでしょう。あまりにも債務総額が大きく長期間にわたる返済計画が必要な場合、債権者・金融会社は和解に応じてくれないことが多いようです。

このようなことから債務者が弁護士などの専門家に依頼する場合、整理後に無理のない返済を行なう為にも借入れ状況や収入について正直に話すことが必要です。



任意整理のメリット

自分の整理したい債務を選択し整理できる為、マイホームや車を手放すことなく債務を圧縮できる

弁護士などの専門家に依頼した後は各金融会社、債権者からの債務者への取立てがとまる

借金の減額や払い過ぎていたお金(過払い金)を取り戻せる場合がある

裁判所などの公的機関を利用せず依頼した弁護士などの専門家と債権者との話し合いで行なわれる為、周辺に知られることがない

自己破産や個人民事再生のように官報への記載はされない

自己破産のような資格制限が無く、ギャンブル・浪費などで作った借金も整理することが出来る

自己破産とは異なり各市町村役場の破産者名簿へ記載されることはない

裁判所のような公的機関を利用しないので呼び出されるなどの時間的制限を受けない



任意整理のデメリット

ブラックリスト(各個人信用情報機関)へ登録される

過払いをしていた場合は債務は残らないが、減額、利息の一部カットを行なう債務整理の為、毎月決定された支払いをし完済する必要がある

一定期間、新たな借金やクレジットカードの利用をすることが困難である

※任意整理に付随するデメリットは他の各債務整理手段においても基本的に同じことが言えます。

各債務整理手段との比較

各債務整理手段の比較表です。簡易的なものとなりますので詳細については各ページでご確認ください。


  自己破産 任意整理 個人民事再生
手続き内容 基本的に債務が全額免除される 利息のカット・元金の分割返済 債務の元本等を圧縮・利息カット後、原則3年間で完済する
手続き方法 裁判所申立て 裁判所は通さず、弁護士と業者の任意の話し合いで解決 裁判所申立て
今後の返済 返済義務なし 返済義務あり 返済義務あり
メリット 借金の支払い義務がなくなる 裁判所通さず、時間的ゆとり
利息カット・過払い金返還
マイホームや車など財産を守りつつ借金の大幅な圧縮が可能
デメリット ・ブラックリストへの記載
官報への記載
・一定期間、資格制限あり
・一部債権者を除外しての手続不可能
・財産を手放さないといけない可能性があり
・ブラックリストへの記載
・毎月返済にあてるお金の確保が必要
・ブラックリストへの記載
官報への記載
・一部債権者を除外しての手続不可能
・毎月返済にあてるお金の確保が必要
詳細 自己破産のページをご参照ください 任意整理のページをご参照ください 個人版民事再生のページをご参照ください


コチラでは実際、当サイトから債務整理をご依頼された方々からお寄せいただいた債務整理体験談をいくつかご紹介しております。債務整理前の不安な心境はどなたも抱えてる悩みですのご参考下さい。

体験談

実際に、どのような債務整理を行なうのか、費用は?不安はつきません。借金問題早期解決への近道を弁護士の方にご説明いただきました。一人一人置かれている環境によって選ぶべき方法が異なります。

弁護士インタビュー
自動登録広告