借金の無料相談 沖縄県

沖縄県の近くにお住まいで返済で行き詰っている人は、信頼できる弁護士に問題の解決をお願いすることが必須です。沖縄県という地域を基準としてもオンラインで簡単に問題の解決を申請できる環境が数年前から整備されてきました。下記に申し込みが特に多い弁護士事務所をまとめましたので何社かの弁護士事務所に無料相談をしてみましょう。

債務整理・過払い請求のプロが無料相談  岡田法律事務所

【岡田法律事務所】

当サイトご紹介事務所唯一の借金問題専門の法律事務所です。実績は群を抜いており安心して相談できます。

【アヴァンス法律事務所】

テレビCMでも有名な実績のある法律事務所です。費用分割はもちろん相談無料、対応は折り紙つきです。

【司法書士法人杉山法律事務所】

週間ダイヤモンドでその債務整理実績が1位に輝いた消費者金融が日本で1番恐れる法律事務所です。


自己破産の基礎知識

キャッシングローンやクレジットカードで自分が返済できる金額を超えてお金を使ってしまい、借金の過多に悩んでしまう方が増えています。
そのような時に借金過多の方が生活を元に戻せるように設けられた救済制度に、自己破産があります。
世間では誤解を招いている印象もありますが、この自己破産という制度は多重債務で苦しんでいる方に免責を与え、新しく生活をやり直すための救済制度です。ですから、特別に大きなマイナスがあるわけではありません。自己破産後の融資でいえば、7年間の間は消費者ローンが難しくなるなどの多少の制限はあるのですが。
普通自己破産をしても戸籍に記録が残ることはありませんし、会社や周囲に知られることもありません。
自己破産の申請内容が通ると、借金の支払い義務がなくなり、制度の効力が認められた後については問題視されることは無く、普通に使うことができます。
このように多重の借金による生活の圧迫を解消する手法として、自己破産は生活を見直すために有効な制度のひとつです。
自己破産の可否を考える際に考慮するべき点として、所有している財産(有価証券、マイカー、不動産)についてです。自己破産が認められ免責となればこれらの資産は原則として全部処分の対象となります。マイホームを処分したくない場合は、民事再生を選択する必要があります。また、破産者になると公認会計士などの資格所有者は資格を失い、他には警備員など就職に制限のかかる業種がでてきます。
さらに、自己破産をすると破産名簿に記載されるので、市区町村発行の身分を証明するモノには破産の記載されることになります。
普通に働ける状態でなおかつ特別な事情がない場合、債務の総額が200万円に満たないと、まだ支払い能力があると判断されて自己破産の申し立ては受理されない可能性があります。自己破産の手続きは、知識が少ない人が自力でやるよりも、費用はかかるとしても、弁護士に頼んだ方が良いでしょう。確かに費用はかかるかもしれませんが、弁護士に依頼した方が早く確実に「免責許可」を取ることができ、1日も早く新しい生活をスタートすることが出来るでしょう。



任意整理(債務整理)・自己破産・過払い金返還問題でお悩みの方へ

自動登録広告